国際交流パーティー 東京 横浜 大阪 名古屋 福岡で開催される国際交流パーティー 国際交流イベントの情報


by yuumiya2001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

読みものより

読みもの
これからは読んだ漫画や本についても書いていきたいと思います。基本的にネタバレは無しの予定。

□「シュガープリンセス 1 」中条比紗也
「花ざかりの君たちへ」を書いていた方のものです。花君は友達からお借りしていたのですが、表紙に見とれて買ってしまいました。フィギュアスケートを題材にしたスウィート・ロマンスらしいです。主人公の麻綾ちゃんが可愛いです。主人公の名前は坂本真綾さんからつけたのかしら?確か中条さんは真綾さん好きだったはずです。

■「エマヴィクトリアンガイド」森薫&村上リコ
エマは既刊は持っているのですが、これだけ未購入なっていました。正直こういう漫画の解説書は嫌いなのですが、漫画がちょっと載っているので買っちゃいました。未読部分が多いのですが、ヴィクトリア朝イギリスの生活や文化について詳しく解説されているので中々興味深かったです。小夜は森さんのあとがきちゃんちゃらマンガが好きです。

□「オペラ・エテルニタ 世界は永遠を歌う」栗原ちひろ
第3回角川ビーンズ小説大賞〈優秀賞〉受賞作品です。イラストがTHOLES柴本氏なので買いました。昨日授業の空き時間にやっと読み終わりました。読まない時でも持ち歩いていたのでかなりボロボロに(汗)読み始めは買って失敗だったかと思ったけど、最後の方は面白かったです。今後に期待です。

http://blog.livedoor.jp/serena_everlasting_maiden/archives/50120288.html

http://blogs.yahoo.co.jp/yuumiya1419/14816241.html
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-17 01:25 | イギリスの皆さん
イメージ 1
a0009589_23315626.jpg
The final クリスマスハウス
18年前といえば、まだ24歳だった。東京から故郷岩国へ帰って4年。ロンドンへ赴く以前の年であり、時代には好景気の上昇気流が各地で巻き上がっていた。クリスマスハウスはそんな時代に産声をあげた。

あるクリスマスのシーズンに、洋服屋のショーウィンドウに飾ったサンタクロースの人形が売れた。クリスマスプレゼントを買いに来られる女性はあって、ディスプレイの人形に興味を持たれる人があっても、本当に購入される人は、そう多くない。

『クリスマスの過ごし方とは、もしかしたらこんな事なのかも知れないな』ふと気づいた。

その当時の世間にあったクリスマスの風景は、現在のように洗練されたものではなかった。舶来したクリスマスの風習といったら、ツリーを飾り、ケーキを食し、プレゼントを渡す。事の大半は子どもが主役として扱われ、大人は飲酒行為の正当化を裏付ける格好の口実としていたのである。だからクリスマスイヴになると突如、ムードが盛り上がる。今に思えば不可思議な日本人の慣習だが、形だけを真似たクリスマスでは無理からぬところではある。

ファッションはライフスタイル。そう提唱し伝統的な洋服を奨める一環として、欧米の──クリスチャンのクリスマスの過ごし方を紹介しようと考えた。

降誕説に則った一ヶ月余りに及ぶクリスマスの生活は友情や愛情に溢れ、たしかに人の心を豊かにする。こんな過ごし方ができたら、きっと幸いにちがいない。英国のクラシカルなライフスタイルを愛する人たちなら、興味を抱くのではないだろうか。こうしてクリスマスハウスは、自社所有のゲストハウス「アメリカンクラブ」で試みを始めたのである。

ほどなくアイルランドやイギリスの生活に直接触れる機会に恵まれ、その思いは一層と深まった。

白亜の木造三階建てが全館、クリスマスで埋め尽くされる。それはクリスマス前の一ヶ月間だけ──。メディアの注目を集めるには充分なシチュェーションだった。噂は噂を呼び、閑静な住宅地には来館されるお客様の車であふれかえり、確かに大層な人気を博した。クリスマスハウスは間もなく起動に乗り、日本のクリスマスマーケットの先端を走り続けたのだった。

それから18年の間、社会や暮らしの情報化は凄まじい勢いで発達し、人々の暮らしも豊かさを極めた。やがてクリスマスマーケットも成熟期に入り、クリスマスハウスが目指したコンセプトは巷に浸透した。いまは多くの人がクリスマスを暮らしの中で楽しみ、和やかな師走を過ごしている。

『クリスマスハウスの潮時は、そう遠い将来ではないな』三年ほど前、そんな事を思った。

思い入れが先行して育てたクリスマスハウスである。ぎりぎりのスタッフで回るクリスマスハウスは、ほとんど一枚岩に乗っているようなもの。きちんとした形でファンのみなさんに話して幕を引きたいと強く思った。

クリスマスハウスがお役目を果たしたならば、本業は洋服屋だ。最上級の満足を提供できるお仕立てのノウハウを活かした、新しい時代の洋服屋を試みる計画がある。クリスマスハウスの終焉とともに今年、「デーヴィス&サン・アット・メンズU(仮称)」がスタートする。

The final クリスマスハウス。まもなくオープン!
みなみなさま、どうかよろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/foujitas/archives/50151251.html The final クリスマスハウス より転記
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-15 23:31 | イギリスの皆さん

UKかぶれまくり より

UKかぶれまくり


先日、「アーティストバトン」を答えていて、私の音楽シーンの古さを実感…

子育てを言い訳にしてるのがよ~くわかりました。

中2でビートルズに出会ってから、イギリス好きになった私。

高校では、さらに拍車がかかり
「can」は「カン」と発音し、「subway」を「tube」と書き換えたり、
「center」と言うような、最後に「er」のつく単語は
「centre」と入れ替えたり…
エライ小生意気な事をしとりました。

イギリスの生活にも興味がわき、自分では到底住む事は無理と悟った時、
ある情報誌で出会ったのが、sanaeさん

彼女は国際結婚をされて、現在はイギリス在住。
UKバンドにとても詳しいので、いつもおすすめバンドを教えてもらってます。
でもなかなか聴けなくて、申し訳ない気持ちだす…

sanaeさんとのやり取りは、主にお手紙がメイン。
この手紙は、はるばるイギリスから来たんだ!と思うだけでうれしくなってしまうのさ♪

彼女からのお手紙には
イギリスでの生活の楽しさが
ぎっしり!

Holidayの過ごし方や
お子さんの幼稚園の事、
近所のスーパーの店長が
ダウンタウンの浜ちゃんに似ていたり、
病気になった時には
病院のシステムが大変な事…etc

日本では考えられないような
素敵な生活の魅力が
いっぱい詰まっていて
私までそこに住んでいるような
気持ちになるのです。





sanaeさんによると
スコーンにたっぷりつける
クロテッドクリームは
Devon産が一番美味しいんだって!

先日、英国展で見つけたのは
残念ながらCornwall産…

それでも、満足できる
Afternoon Teaでした♪


sanaeさん、これからもよろしくね!

頑張って音楽聴きますね♪

http://siesta29.seesaa.net/article/9320682.html
a0009589_23281217.jpg
a0009589_2328374.jpg

[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-15 23:28 | イギリスの皆さん
★ルームシェアーリンク★

私もオーストラリア・イギリス・韓国でルームシェアーを経験しましたが最初のシェアーする生活は高校時代の学生寮が最初でした。鉄の冷たい扉と朝早い朝礼から始まる生活もすっかり慣れてしまえば、結構楽しいものでした。一緒にご飯を食べて、風呂に入って、自習時間にマージャンをして叱られたりと、色々ありました。しかし、おそらくあの3年間の思いでは一緒に生活を共にした70人には永遠の財産ですね。。
ここでは、ルームシェアーは大きく、他人との共同生活として捉えて、ひとつ屋根の下の生活を紹介していきます。人と人のつながりがあまりに打算的で、希薄な世の中。特に若い人たちの間でシェアーする生き方を考えるきっかけになればと思っています。

http://yuumiya.exblog.jp/i2

★国際交流リンク★

韓国から帰ってきた当時は結構、プサンより友人の紹介で日本にやってくる学生がいまして、家探しやアルバイト探しを手伝うこともありました。自分が結構楽しく海外で学生生活を過ごせたのに比べて、日本に来る留学生(特にアジア系)の置かれている環境は決していいものではないと思いました。その後東京に来て、外国人のための家探しの問題に真剣に取り組んでいるある社長さんにお会いしました。それから、僕も自分で日本に来る留学生の生活環境を改善する為に自分自身も何かの活動をしようと思いました。ここでは、主に日本に住んでいる外国人に関わるニュースをまとめていきます。すでに、人口の減少が現実のもとなり、外国人との共生という課題も日本人すべてに関わる関心事になっていくでしょう

http://yuumiya.exblog.jp/i3

◎おすすめリンク◎

外国人との共生をテーマに活動するまち居住研究会(ちらみに私もメンバーです。)
   → http://www.geocities.jp/geo_city21/

★プライベートレッスン★

近頃、コーチングとかプライベートレッスンが流行っていますが、プライベートレッスンを受けながら大きな目標に向かってがんばっている人達のブログを紹介いたします。

http://yuumiya.exblog.jp/i5


★イギリスの皆さん★

私も19から24才までをロンドンのfinchery・willesden Greenなどに住んでいました。20カ国以上の国の人たちとFLATSHAREを経験しました。学生で多感なこともありたまには傷ついたり、憤りを感じたりすることもありましたが、今思うと一緒に暮らした多くの人たちにたくさん教えてもらったと思います。日本人としてのプライドと、しっかりと自己を主張することを学べてと思います。結構過激な学生運動に参加したり、ボランティアの活動で、日本をプロモーションするイベントの運営に参加したりと本当に充実した時間をすごせました。
ここでは、堅実なライフスタイルと日本の未来を予見させるイギリスで暮らす人たちのコメントを中心に紹介していきます。

http://yuumiya.exblog.jp/i4
a0009589_14205148.jpg
a0009589_14214714.jpg


alt='ASPアクセス解析' border='0'> 2003183

ASPアクセス解析 2003183
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-12 11:34 | TOP
上大岡の駅で会ったツルネンさんはとっても庶民的でした

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-12 01:43 | 国際交流
上大岡の駅で会ったツルネンさんはとっても庶民的でした
1e9ae2dd.jpg上大岡の駅で会ったツルネンさんはとっても庶民的でした

国際交流リンクで紹介した牧師さんから、国会議員になったツルネン・マルティさんが上大岡の駅でビラ配りをしているところを見つけたので色々とお話をお聞きしました。

本で読んだとおりとても素朴な感じの人でした。私も本を読んでからすっかりツルネンさんのファンになったので偶然の出会いにとっても感動しました。
久々にとってもすがすがしい気持ちになりました。自分自身もとっても勇気付けられた本ですので、ぜひ一読下さい。

ツルネンマルテイ執筆の『そうだ、国会議員になろう』 中経出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806118087/qid%3D1128918063/249-6960435-0026737

http://blogs.yahoo.co.jp/yuumiya1419/16135616.html 国際交流リンク記事

参考までにツルネンさんの最近のメールマガジンを紹介しておきます。

===============================

ツルネンメルマガNo:205 

   「国政で取り組む重要課題について」  
           
今後私が重点的に取り組みたいと考えている課題について皆さんにお知らせしたい。

○ 第一に、来年も引き続き誠心誠意、有機農業の普及に取り組むことにする。議員連盟の活動としては一年間に及び有機農業の実態の勉強を重ねてきたが、それらをふまえた議員立法案を作成するための「立法作業部会」が10月から動き出した。来年の通常国会に法案を提出することを目標として国会閉会中も法制局と相談しながら草案作りを進めなければならない。
 幸い「日本有機農業学会」が時間をかけてまとめた「試案」があり、それをたたき台にするため立法作業はゼロからのスタートというわけではない。それでも、法案の細部をまとめることになれば与野党の対立が起きる可能性もある。そんなときには事務局長としての私の調整能力も問われることになろう。

○ 「環境病対策」も私が取り組みたいテーマの一つである。現在地球上にある何万種類という化学物質の中には、人間を含む動植物の健康を脅かしている物質がたくさんある。そのうちホルモンの働きを撹乱する化学物質が「環境ホルモン」と呼ばれているものたちだ。その大半が農薬に含まれていることがすでに明らかになっている。最近の社会問題となっている子どもたちの行動異常の原因の一つとしても化学物質が疑われている。もちろん農薬のみが原因ではない、「シックハウス」・「シックスクール」も有害な化学物質によるものである。アトピー性皮膚炎も環境病の一つであると疑われている。アスベストによる健康被害もまたそうである。
 先日のフィンランドの新聞には、「殆どのガンは環境病と生活習慣病が原因である」という記事が大きく載っていた。生活習慣病は私たちのライフスタイルが引き起こすものであるのは事実だが、すべての病気を本人のせいにしてはいけないと私は提唱したい。環境化学物質の摂取量のうち83%は空気から吸い込むという恐ろしい調査が本当なら、たとえば私が実践しているようにできるだけ有機栽培の農産物を食べるようにしたとしても、自分の生き方だけでは健康を守ることができない。従って、食の安全に取り組むと同時に国民の健康を守る意味でも環境病との戦いが不可欠である。

○ 安全保障に係る憲法論議も私が積極的に参加しているテーマだ。憲法改正に関する民主党の基本的考え方はまだ残念ながらまとまっていない。憲法の基本規範としての平和主義を基調とすることで党の方針は固まっているが、具体的な改正案として例えば自衛隊を憲法に明記するかどうか、あるいは九条の二項を変えるかどうかなど、確かにまだ意見はまとまっていない。国連が主導する国際平和維持活動への日本の貢献の仕方も課題として残っている。しかし自民党はすでに憲法改正案を来月に発表すると報道されており、民主党も早急に党の方針をまとめる必要がある。私も民主党憲法調査会の幹事の一人としてこの問題にも取り組まなければならない。

○ 民主党の農林水産部門会議では、森林の違法伐採や木材の認証制度など林業に関する党の政策担当にも任命された。特に木材の輸入を抑えるために国産木材の利用を促進する対策も不可欠である。南アメリカなどでは森林の違法伐採に日本の企業も関係していることもあり、世界の森林を守るための日本の責任は重大である。

 現在、日本の農林水産業も環境も大変な危機に瀕している。しかし国民が本当に一丸となって社会と自然環境の健全化に取り組めば、改善の道が残されていると信じたい。

        Where there is a will, there is a way.
        意志あるところに道がある

  ツルネン マルテイ

ツルネンのホームページ
http://www.tsurunen.net/

国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館235号室
 TEL.03-3581-3111(代表)03-5512-2235(直通) FAX.03-5512-2235
メールアドレス
marutei_tsurunen@sangiin.go.jp

このメールマガジンの購読の申し込みは http://www.tsurunen.net/ より可能です。
a0009589_23292510.jpg



ASPアクセス解析
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-11 23:29 | 国際交流
国際交流パーティーリンク集

国際交流のパーティーも盛んになってきましたね。大型のイベントを主催しているサイトを集めてみました。

http://www.color-s.biz/index.html 女性限定イベントもあり!

http://www.jiparty.com/jp.htm 

http://www.goover.co.jp/party/

http://www.tokyofriends.com/jp/

http://www.worldfriends-party.com/

http://www.kokusai-friends.com/jp/home_jp.htm

http://eventsj.ix21.com/

http://www.b-able.jp/tokyo_international_party.html

http://www.getyourfriend.com/japanese.htm

http://findateacher.net/iparty.html

http://www.kokusaijin.net/party/

http://www.vibetokyo.com/jp/

http://www.eigotown.com/party/party.shtml


http://www.joes.or.jp/wwwboard/total/messages/2928.html

http://www.tradezone.com/tradesites/j-girls.html


http://floating.blog2.fc2.com/blog-category-21.html


http://international-party.com/ipj.htm
a0009589_2191050.jpg

[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-05 19:40 | 国際交流

ボラバイトの生みの親

今日、ボラバイトの生みの親であるサンカネットワークの山本代表にお会いいたしました。
6年ほど前から、ボラバイトの紹介事業をはじめられたとのことでした。

ボラバイトは田舎の農場や牧場の繁忙期の人手不足を補い、同時に街の生活に疲れた社会人や学生に自然の中で、働くことの意義を考えさせるという、すばらしい企画です。

山本さんは学生や若い人達が自然の中での仕事を通して、働くとこの意義や自然の大切さを理解してもらいたいとおっしゃっていました。

社会企業家として、今後のますますのご活躍を祈っております。

サンガネットURL  http://www.volubeit.com/

今週発売のspaでも取り上げられています。  http://spa.fusosha.co.jp/

http://blogs.yahoo.co.jp/yuumiya1419/folder/946853.html
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-05 15:00 | 国際交流
イメージ 1
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/499022230X/qid=1131162048/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-2908520-3059518


東京クーポンって知ってました?

東京クーポンというとってもお得なクーポンブックを発見しました。
ほとんど全てのお店で、50%オフで食事が楽しめます。ヨーロッパで流行しているクーポンブックの東京版だそうです。

http://www.tokyocoupons.com/index.php  東京クーポンサイト

http://blogs.yahoo.co.jp/yuumiya1419/15490595.html
[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-05 13:24 | 国際交流
映画で国際交流 A movie crosses the border.
在日外国人の問題を扱った映画です。

* パッチギ!
* 血と骨
* 花はんめ
* 海女のリャンさん
* HARUKO
* 偶然にも最悪な少年
* Run2U コリアン・コネクション
* 白い犬とワルツを
* 夜を賭けて
* GO
* RUSH!
* 新・仁義なき戦い
* 親分はイエス様
* あんにょんキムチ
* 青 chong
* 英二
* 息もできない長いKISS
* ラブ・レター
* 家族シネマ
* 水の中の八月 Fishes in August
* 月はどっちに出ている
* 学校
* あふれる熱い涙
* 潤の街
* 伽耶子のために
* ガキ帝国
* 日本暴力列島~京阪神殺しの軍団~
* 未成年 続・キューポラのある街
* キューポラのある街

http://www16.plala.or.jp/koffice/cinema/thema/immigration.html



http://blogs.yahoo.co.jp/yuumiya1419/15457803.html

a0009589_7443565.jpg

[PR]
by yuumiya2001 | 2005-11-05 07:44 | 国際交流